HeRmanについて

HeRmanについて

「HeRman[ヘルマン]」について

HeRman[ヘルマン]はインターンシップの全てがわかる専門メディアを目指して誕生しました。企業人事担当者や経営者の皆さまに向けて、様々なコンテンツを提供していきます。

インターンシップの期間や形態を問わず、インターンシップの活用方法や事例紹介、ノウハウを紹介する記事や、その他HR領域に関する記事を公開していきます。記事を通して皆さまのお役に立つことを目指しています。

名前の由来

当メディア名「HeRman[ヘルマン]」は、「インターンシップ」の概念を最初に考案したとされる、20世紀前半のアメリカの教育者、ヘルマン・シュナイダー(Herman Schneider)博士にちなんで名づけられました。1906年、当時シンシナティ大学で工学部部長を務めていたヘルマン博士は、「学生を卒業までに何度か、地元の工作機械メーカーに派遣して実地訓練を積ませる」という制度を設けました。彼は当初、周囲から懐疑的な意見を浴びながらも、その価値を主張し制度を進めていきました。その結果として、インターンシップで受け入れた学生の採用まで行う企業も現れました(1)。そんなヘルマン博士のように、インターンシップの価値を企業に届けられるメディアを目指したいという思い込めて、当メディア名を命名しました。

また、HeRman[ヘルマン]の「H」と「R」を大文字にすることで、人的資源であるHuman Resources(HR)ともかけ合わせ、インターンシップによる人的資源の「獲得」「育成」「定着」を実現させたいという願いを込めています。ひいては「インターンシップ」という制度・枠組みを用いて、日本の人事・採用領域を活性化させることができれば幸いです。

インターンシップを企業の新しい採用手法としてスタンダードにしたい

運営会社の株式会社アイタンクジャパンは、インターンシップを新しい採用手法としてスタンダードにしたいと考えています。現在、多くの企業は、インターンシップの導入メリットや方法の理解が浅いという問題があります。そこで、いかにインターンシップを導入するのか、そのメリットを知ってもらうことで、インターンシップ文化が普及すると考えました。

弊社がこれまでに培ってきた、インターンシップについてのノウハウや知識を、「HeRman[ヘルマン]」から発信します。その情報を通じて、インターンシップの導入から設計、運用に至るまでをサポートします。

(1)インターンシップの歴史|特定非営利活動法人 日本インターンシップ推進協会
  University of Cincinnati Co-op: 100 years of success|University of Cincinnati - UC Magazine

運営会社について

株式会社アイタンクジャパンが当サイトの運営をおこなっております。

2008年に設立した株式会社アイタンクジャパンは、「文化を創る、社会を動かす。」を経営理念に、日本最大級のインターンシップ求人掲載サイト「キャリアバイト」を中心とした大学生向けメディア事業および長期実践型インターンシップの導入支援から事業をスタートしました。2015年7月よりエン・ジャパン株式会社グループに参画。