【インターン生指導初心者必見】普通の大学生が会社の営業データ分析を担当!その「仕事の任せ方」とは?

こんにちは、長期インターン採用コンサルティングをしている金子です。今回は、ICTツールの開発と販売を通して昨今注目の「ICT教育」を支える、ゼッタリンクス株式会社様より、インターン生への仕事の任せ方について伺ってきました。

はじめてのインターン導入ながら、「新卒採用のため」や「アルバイトの代わり」でもない、インターン生だから任せられる仕事があるというゼッタリンクス様。その仕事の任せ方とは、どのようなものなのでしょうか。育成を担当する中坊(なかぼう)様にお話を伺いました。

1. クライアント様が抱えていた採用課題

ゼッタリンクス様は、ICT教育を公教育の中で実践できるような様々な教材やITツールの開発と販売、そしてICT教育の実践ノウハウを全国に展開しています。採用については、営業職やエンジニア職を中途採用で強化しているところでしたが、ちょうど「今までと同じ採用手法でいいのか」と疑問を持っているところでもありました。

人材獲得が難しくなっていくことが見込まれる中で、何か新しい取り組みや、より自社に適切な採用手法を検討するべきではないかという声が上がっていました。

2. なぜインターン採用を選んだのか

そんなときに、思い出したのが「インターン採用」でした。「以前、インターンをやる学生は非常に優秀な人材が多いと言っていた…」。そこで、直近で人手が足りていなかったアプリ開発エンジニアや営業アシスタントの採用を、インターンという手法でできないかとご相談いただきました。

エンジニアの採用自体は、中途採用で他の求人媒体を検討していましたが、企業として「教育業界」のイメージが強く、「IT業界」で働きたい人が多いエンジニアは獲得するのが難しいという状況でした。

そこで、インターン生がアプリを作ってリリースしているなどの、他社様の事例をお話しさせていただくと、学生エンジニアの可能性を十分に感じていただけました。特に、現状のスキルではなく、組織マッチやこれからの成長を重視できる点は、これまで行っていた中途採用にはないメリットとして感じていらっしゃいました。

営業アシスタントについても、ベテランの社員を支えるポジションとして若手の採用を検討していたため、組織活性の期待も込めて学生の採用に踏み切りました。こうして、新しい採用手法として、「インターン採用」を取り入れることになったのです。

ここからは、インターン導入を決めてから実際に採用して仕事を任せるまでのお話を、育成担当の中坊さんに伺います。

3. インターンの採用にあたっての障壁はありましたか?

はじめての試みだったので、採用までにはいくつかハードルはありました。まず、社内でインターンの話をすると、「おもしろそうだね」という話にはなったものの、社内にアプリ開発ができるエンジニアがいないという現実問題がありました。

私たちも、戦力になるインターンが採用できれば一番嬉しいのですが、あくまでも学生であり「インターン」であることを改めて考えました。そして、はじめは採用ニーズありきで導入を考えていましたが、「インターン」だからこそ任せたい仕事とは何だろうかと自問しました。そこで、もう1つの採用ポジションであった営業アシスタントの採用から始めることにしました。

4. 「インターンだからこそ任せたい仕事」とは?

これまでにおこっていなかった新しい仕事です。インターンの特徴・魅力というのは、学生が「企業の中で自分の力を試したい、何かを成し遂げたい」という気持ちだと思っています。実際に、当社に応募してくれた学生も、アルバイトや学生団体では試すことのできない、社会での自分の力試しを一つの目的として持っていました。そのため、既存の仕事をただ割り振るのではなく、これから取り組む仕事や未だない仕事を、インターン生に作り上げてもらおうと考えました。

これは非常にポジティブに聞こえるかもしれませんが、一方で、学生という正社員ではない不安定な立場を考えた時に、もしできなくても本人にとって大きなリスクがない仕事という現実的な意味もあります。インターン生にとっても、私たちにもってもチャレンジですから、すでにルーティンになっている業務を任せるよりは、これからはじまる新しいことを、失敗を恐れず一緒にチャレンジしていこうと思ったのです。

106_1.png

5. どんな仕事にチャレンジしているのですか?

現在、2名のインターン生がいます。2014年の秋からインターンを始めて、約半年になります(2015年3月現在)が、この半年は「littleBits」という教育ツールのプロモーションを行いました。当社での販売が決まってから、いよいよプロモーションをかけるという段階で、インターンの2名を中心に取り組み始めました。

2人は販促用のポスターやWEBサイトを作るため、素材となる活用事例を集めたり実際に制作に携わったりしています。オンラインショップの立ち上げを行ったので、その商品ページの追加・更新などはほとんど2人が中心になって行ってくれています。

また、教育関連の展示会やイベントにも参加して、当社の商品を学校の先生方や文部科学省の方などに説明する仕事も任せています。オンラインショップを立ち上げたばかりの頃、展示会の次の日に初めて商品が売れたのは、インターンの2人のおかげです。2人にとっても、インターンを通じて、ひとつ仕事を成し遂げたと感じられた瞬間だったかと思います。

106_2.pngまた、「littleBits」のプロモーション以外にも、経済学部の木村君には、大学で会計を勉強しているということで、当社の営業データを分析してもらっています。これまで実績数値をまとめるところまでしか手が回っていなかったのですが、今後の予測データまで見えるようになり、営業部全体で彼が作った営業資料を活用しています。これは彼がいなければ取り組むことがなかった改善ですので、非常に助かっています。

岩橋さんは海外インターンの学生団体にも入っていて、営業活動も経験があり、展示会での製品説明やワークショップでの講師などは積極的に任せています。彼女自身も営業の経験を積みたいという目的があるので、どんどん成長しますね。この半年で教育ICTの基礎や業界の知識もかなり身についたので、次の半年はもっと外に出て、活動してもらう予定です。

106_3.png

フルタイム勤務でない学生にどうやって仕事を任せているのですか?

当社のインターンは二人とも週2日で1日5時間程度の勤務です。それぞれ授業やサークルなどの活動も取り組んでいますから、そういった勤務ペースを前提に仕事をしてもらうことが重要です。「そんなペースだと仕事を任せられない」という声もありますが、そんなことはありません。

気をつけていることは2つあります。1つは、どんな仕事をしてもらうにしても、その業務を単発の作業にしないことです。たとえ自分が携わる部分が一部であっても、その先に誰がどんな仕事をすることで、最終的にどんな成果が得られるのか、を必ず説明するようにしています。インターン生も、自分が携わる仕事の成果物がどんなものかわかるので、一歩先を読んで仕事をしてくれるようになります。

もう1つは、一方的に仕事を与えないことです。仕事の大枠を見せて、道案内はしますが、どんなふうに進むかは自分たちで考えさせています。過度に成果を期待しすぎず、あくまでインターン生たちの自由な発想と主体性に任せるからこそ、彼らは自然と責任感をもって仕事をしてくれます。実際、彼らもインターンを通じて得たことの一つに、仕事への責任感と言ってくれているので、2人にとっても学びの機会になっていることが嬉しいですね。

106_4.png

6. インターン生を採用してみての感想を教えてください

私も初めてインターン生と一緒に働いたのですが、特別なことは必要ないと思っています。一緒に目標に向かって取り組むという姿勢を持てば、社員もインターンも関係なく、それぞれの得意なことを生かして活躍できると感じています。

今回取り組んだインターンという採用手法では、仕事面でも組織面でも多くの成果を得ることができました。チャレンジして本当によかったと思っています。まだまだこのような実践型のインターンの求人メディアは少ないかと思いますので、引き続き「キャリアバイト」を通じて、インターンを希望する学生との出会いを求めていきたいと思っています。そして、今後はエンジニア職でのインターン採用も挑戦していく予定です。

著者プロフィール

著者アイコン
金子 麻里奈
株式会社アイタンクジャパン営業企画マネージャー兼人事。企業向けに長期インターンシップ導入支援を行い、実績は100社以上。自社セミナーの講師も務める。大学生と企業をつなぐ、良質なインターンシップの普及に邁進中!趣味は手料理。

Facebook:http://www.facebook.com/kaneko.marina.21

関連記事