【事例紹介】不動産業界の「営業職」長期インターンシップ5選

こんにちは!七澤です。

今回は不動産業界で長期インターンを導入している企業を紹介します。

不動産業界とは言っても、賃貸・売買、仲介・販売と形態も様々ですし、ワンルームから商業ビルまで取引金額も大きく変わりますので、インターン生が携われる業務の幅もそれぞれです。業務の切り出しによっては、数名規模のベンチャーから数千人規模の企業まで実践型のインターンが可能ですので、その中身をご紹介したいと思います。

1. 不動産業界での長期インターン導入している企業5社

不動産業界での長期インターン導入している企業を5社ご紹介します。

東京新建装株式会社

東京新建装株式会社は、1972年に設立された、40年以上の歴史ある企業です。従業員数は15名で、内装・外装リフォーム、光冷暖システム・スリップガードシステム・フルラインシステムの各施工などを行っています。

【仕事内容】

  • モデルルームに来ていただいたお客様に商品説明・PR
  • お客様からお住いの相談をヒアリングし、最新技術の製品を提案する
  • イベントの企画運営

【勤務日数・時間】

  • 勤務日数:週1日から
  • 勤務時間:1日5時間

【東京新建装株式会社の長期インターンシップのポイント】

社長の黒崎さんは「学生への成長機会を提供し、キャリアを考えるうえで将来の役に立ててほしい」という思いから長期インターンを導入したそうです。

東京新建装株式会社さんの仕事への思い、長期インターンにおける学生への思い、についてのインタビューがキャリアバイトに掲載されています。

参照:[「自分の得意・不得意を探せる、将来のキャリアに役に立つ機会を提供したい!」設立44年目の建築会社、東京新建装 代表取締役社長の黒崎さんにインタビュー]

その他にも、インタビュー記事がいくつかありますので、あわせてご覧になってみてはいかがでしょうか。

参照:[東京新建装株式会社 黒崎史朗|KENJA GLOBAL(賢者グローバル)]
参照:[黒崎史朗の道しるべ | 東京新建装株式会社]
参照:[Shiro Kurosaki | 100Next-Era Leaders in Asia 2016-2017]

学生のキャリア支援・成長機会の提供に重きを置き、週1日から可能という参加しやすさも学生に優しいですね。それだけではなく、実際にイベントの企画運営をしている写真からも、インターン生を活躍させている様子が感じられます。

株式会社ノティオ

株式会社ノティオは、2008年に設立された住宅・不動産企業に特化したサービスを展開している会社です。創業時以来、ブランド戦略、プロモーション戦略、デジタルコミュニケーション戦略といったマーケティング支援事業を行ってきたようですが、「会社の新たな柱となる事業を作ろう」という考えから、2015年8月に「cleanBnB(クリーンビーエンビー)」というAirbnb(民泊)専門の清掃代行事業を新たに立ち上げました。

【仕事内容】

  • cleanBnB事業の戦略立案
  • クリーナーさんのマネジメント
  • 清掃現場のオペレーション
  • お客様の予約管理
  • お客様や協力企業との打ち合わせ
  • リネン類、アメニティグッズの管理

【勤務日数・時間】

  • 勤務日数:週2日から
  • 勤務時間:1日5時間以上(10~19時)

【株式会社ノティオの長期インターンシップのポイント】

話題のAirbnbに関連したサービスですが、事業自体はスタートアップの段階だと捉えているようです。そのためインターン生にも組織や事業戦略について共に考え、作り上げていく意識を求めているようです。

株式会社アルファリンクス

株式会社アルファリンクスは、27名の企業で、新築物件の企画・設計・施行、 戸建・マンション・商業ビル・店舗物件のリフォーム、リニューアルを行っています。1つの分野に特化する企業が多いなか、アルファリンクスは新築から戸建、オフィスやビジネスビル等、総合的なサービスを提供出来る点が強みとしてあるようです。最大の特徴として、企画・提案〜施工実施まで、自社で一貫して行っていることがあるようです。その為、スピード感と自由度高く作業を行っていけるようです。

【仕事内容】

  • ディレクション業務(プロジェクトの資料を現場の方々に配布及び説明)
  • プロジェクトの予算管理・スケジュール管理
  • 営業同行、見積書・提案書の作成

【勤務日数・時間】

  • 勤務日数:土日含めて週1日から
  • 勤務時間:1日5時間から(9~17時)

【株式会社アルファリンクスの長期インターンシップのポイント】

施工管理のインターンでは、大学では経験できないプロの現場での仕事を先輩社員のもとで学びます。建築や設計に関心がある学生が対象になるかと思いますので、対象学生は絞られるものの、実施企業も少ないためピンポイントでマッチングしそうです。

武蔵コーポレーション株式会社

武蔵コーポレーションは2005年に設立された、『プライベートアセットマネジメント』(個人向け資産運用)事業を行っている企業です。

不動産購入時に必要な資金調達の仕方や、購入後の資産運用方法など、不動産投資に関するトータルコンサルティングを行っています。

【仕事内容】

    • 不動産売買の仲介会社に営業し、物件を紹介してもらう
    • 価格交渉や条件交渉をし、契約をまとめ上げる
    • 決済の出席
    • 不動産仲介会社に賃貨物件紹介の営業

【勤務日数・時間】

    • 勤務日数:週3日から(土曜日も勤務OK)
    • 勤務時間:9~18時

【武蔵コーポレーション株式会社の長期インターンシップのポイント】

営業のインターンで土曜日も勤務可能というのは不動産業界の強みですね。参加しやすくなることは、学生の集客や採用後の育成にもメリットがあります。

投資用不動産の買い付けで外回りをするという営業ですが、インターン生の声からも満足度の高さが伺えます。

実際にインターン生として勤務している学生から、武蔵コーポレーション株式会社のインターンシップについて、以下のような声が上がっています。

ー武蔵のインターンのどんなところが魅力?
まず、入ったその月から会社の看板を背負わせていただいて、営業ができるというところが大きな魅力だと思います。さらに、不動産の知識も吸収することができますので本当におすすめです。こんな実践的なインターンはなかなかないと思いますし、こんなに成長できる環境が整っているインターン先もなかなかないと思います。

ポラス株式会社

ポラスグループは住宅・不動産・建設の事業を網羅し、新築一戸建て、注文住宅、分譲マンションなどを中心に住まいづくりを提案しています。創業45年以上の老舗ながら、常に新しい取り組みを続け、従業員数は4,000名以上、年間売上は2000億円以上を上げているようです。

【仕事内容】

主に進行中の設計業務にアシスタントとして参加することになっています。

  • オーダーメイドの住宅(注文住宅)の設計
  • 分譲住宅の設計(コンセプトから街並みを設計)
  • 図面・模型の作成補助
  • 申請業務補助

【勤務日数・時間】

  • 勤務日数:週2日から(土・日も勤務OK)
  • 勤務時間:9~18時

【ポラス株式会社の長期インターンシップのポイント】

グループ合計で2,000名を超える企業での実践型インターンは先駆け的存在かもしれません。CAD等のソフトを使ったことがある学生を対象に、注文住宅・分譲住宅の設計業務を社員のもとで行います。

インターン生の声からは、現場社員のみならず人事部の方のフォローの手厚さが感じられます。部署を超えた連携がありそうです。

実際にポラス株式会社でインターンシップを行っている学生からは、以下のような声が上がっているようです。

−現在の業務内容を教えてください。
法人企画設計課で注文住宅MOKHOUSEの実施設計をしています。
−ポラスのインターンを通して得られたものは何ですか。また、現在の業務に役立っていることはありますか。
私はポラスのインターンを通して、将来自分がなりたい姿を見つけることができました。 私はこの会社で絶対にこんな社員になる!という思いがその時の大学の勉強でも、就職活動でも、 そして現在の仕事においてもやる気の源となっています。 ポラスのインターンでは、長期間、実際に社員の方々の近くで経験できるため、住宅メーカーの 業務や社内の雰囲気を詳しく知ることができます。 就職活動の際にも人事部の方々やお世話になった部署の方々には何度も相談に乗っていただきました。 インターンシップを通して自分を見つめなおすこともでき、インターンシップは私にとってとても充実した、 かけがえのない期間でした。

2. まとめ

不動産業界では、営業、設計、施工管理など様々な職種でインターンの活用がなされています。離職率を下げ、長期的に人材育成を図るためにも、新卒採用前のインターンシップは有効といえるでしょう。

学生からは「土曜勤務可能が多い」という条件的にも人気がありますので、「まだ不動産業界に決めたわけじゃないけど興味はある…」といった学生への魅力づけもできそうですね。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

著者プロフィール

著者アイコン
七澤 健太
東京都世田谷区に住んでいる大学3年のインターン生です!高校時代は、ソフトテニスやっていました。唯一の自慢は、3年次にインターハイに出場したことです。宜しくお願い致します!

Facebook:http://www.facebook.com/nanasawa.kenta

関連記事