社員同士のコミュニケーションが高まると良いこと5選

学生ライターの岩崎です。

今回のテーマは、「社員同士のコミュニケーションが高まると良いこと5選」です。早速ですが、みなさんの会社は現在どのような雰囲気でしょうか。社員同士のコミュニケーションはしっかり取れていますか。

最近では、コミュニケーション能力は様々な場面で求められてきますが、会社の社長ともなると、社員同士のコミュニケーションを上手く促す必要があります。会社という組織をまとめ上げるのも一苦労ですよね。しかし、会社は個人の集合体である以上、一人で成り立つものではありません。やはり、社員同士のコミュニケーションが円滑でなければ、ビジネスは成功しないでしょう。

社員同士のコミュニケーションを高めるメリットを5つ、取り上げていきたいと思います。

1. 社員同士のコミュニケーションを高める5つのメリット

それでは、社員同士のコミュニケーションを高めるメリットを5つ、詳しく説明していきます。

その1. 生産性のUP・業績の向上

社員同士のコミュニケーションとは、社員同士の情報共有を円滑に行うということに他なりません。スムーズに情報共有が行われれば、情報の把握漏れや時間ロスが減ります。その分、生産性も上がるというわけです。生産性が上がることにより、必然的に会社の業績は伸びていきます。

その2. 経営理念の浸透

次に、情報共有が上手くいけば、自然と経営理念は浸透していきます。自分たちは何を目指しているのか、目標達成はどこなのか、こまめに情報共有をしてコミュニケーションをとることで、社員一人一人にその意識が生まれてくると思います。みんなが自社の経営理念を心得ておくことで、会社全体に一体感が出るのは間違いないでしょう。会社の事業を継続・発展させていくためにも、この経営理念の浸透は必要不可欠です。

その3. 社員の仕事に対する意欲向上

会社が軌道に乗り上手くいけば、社員のやる気が上がることは言うまでもないでしょう。業績向上→社員の意欲向上→業績向上という好循環が続きます。逆に言うと、社員の意欲が低下すれば、その分業績も悪くなりますし、それを受けてまた、社員のやる気は下がります。負のスパイラルに陥らないためにも、社員同士のコミュニケーションを高めて、会社の雰囲気を良くしていきましょう。

その4. 従業員満足(ES)の向上

従業員満足(ES:Employee Satisfaction)とは、顧客満足(CS:Customer Satisfaction)に対比される概念で、従業員の業務内容や職場環境、人間関係などに対する満足度のことを言います。多くの企業は、顧客満足を上げようと努力していると思いますが、その顧客満足を向上させるためには、従業員満足を向上させることなしにはあり得ません。まず従業員のモチベーションが高くなければ、顧客に対しても最高のパフォーマンスができないからです。厳しい経営環境の中を生き抜いていくためには、顧客満足のみならず従業員満足も求められてきます。

そこで必要とされるのが、社員同士のコミュニケーションです。簡単な例を言うと、学生時代を振り返って楽しかったなと思うのはどんな瞬間ですか?おそらくほとんどの方が、友達との思い出が真っ先に出るのではないでしょうか。それは、学校というコミュニティが周りの友達なしには成立しないものだからです。会社もまた同じで、一人では完結することができません。同期や上司、部下、部門間など、個々の組織が集まって1つの大きなコミュニティを作り上げています。社員同士の人間関係が上手くいけば、従業員の会社に対する満足度も上がることは間違いありません。

その5. 企業イメージの向上

消費者が企業に対して持つ印象を企業イメージと言います。社員同士のコミュニケーションが高まれば、この企業イメージを良くすることができるのです。企業イメージは、売上高や利益高、広告だけで決定するものではありません。地域社会への参加や貢献、組織運営、社内の活気などといった、多面的な要因が関わっているため、社員間のコミュニケーションが活発であるだけでもその印象はグッと上がります。自分が消費者サイドだった場合、会社の雰囲気が良いのと悪いの、どちらの商品を買うでしょうか。もちろん前者ですよね。


いかがでしょうか。上に挙げた5つのメリットは、全て連動しています。そのため、社員同士のコミュニケーションを高めることによって、上記のメリットをどれか1つでも達成することができれば、自ずと他のメリットも付いてくるでしょう。

2. コミュニケーションを高めるための具体的な方策

では、どのように社員同士のコミュニケーションを高めれば良いのでしょうか。今度は具体的にその方法をご紹介していきます。

その1. 社内SNSの活用

コミュニケーションを円滑にすること=情報共有を円滑にすること。このように考えた場合、必要なのは情報共有ツールです。具体的なツールとして、ここではチャットワークをご紹介します。チャットワークは、現在多くのビジネスシーンで活用されており、弊社でも日々の業務には欠かせないツールとなっています。インターネット回線があればどこからでも利用でき、個別のチャットや複数人でのグループチャットなど、業務内容によってその活用方法は様々です。

チャットワークの利点としては、プロジェクトに関わる人とダイレクトにコミュニケーションが取れること、各部門を超えた横のコミュニケーションが円滑になること、などが挙げられます。組織や部署を超えたコミュニケーションを円滑にしたい方、チームプロジェクトでの仕事を円滑にしたい方、是非チャットワークを活用してみてください。

チャットワーク

その2. フリーアドレス制度の導入

フリーアドレスとは、社員が個々に机を持たないオフィススタイルのことを指します。

日本マイクロソフトや日本IBMなどのIT企業、ベンチャー企業などを中心にこの制度は広がっています。フリーアドレス制度は自分の席が決まっていないため、社内コミュニケーションの活性化が図れます。席が決まっていれば、自分の所属する部署内でしかコミュニケーションは取れません。

しかし、このフリーアドレス制度では、上下関係や部署の壁を超えたコミュニケーションが自然と促されるのです。社内のコミュニケーション不足に悩んでいる、そんな方は一度、フリーアドレス制度を試してみてはいかがでしょうか。

その3. 社内イベントを定期的に行う

これはすでに実践されている会社も多いのではないでしょうか。一番手軽にできるコミュニケーションUPの方法ですよね。たまには仕事のことを忘れて社員同士でBBQをしたり、仕事終わりのオフィスで飲み会をしたり、これだけでも十分に社員間のコミュニケーションは高まるはずです。

また、業績向上のための勉強会など、仕事に関することでも、普段とは違ったスタイルで行えば、社内に活気が生まれます。表彰制度を設けたりなども、社員の意欲向上に繋がりますよね。JTBグループのJTBモチベーションズが行った「社内イベントに関するモチベーション調査2015」では、社内イベントの効果として以下のことが挙げられています。

  • 「職場の中でコミュニケーションが増えた」(54%)
  • 「他の部門と仕事がしやすくなった」(47%)
  • 「上司と話しやすくなった」(38%)

この結果から見ても、社内イベントは十分に社員同士のコミュニケーションを活性化させると言っても間違いないでしょう。

3. まとめ

いかがでしたでしょうか。ご紹介した5つのメリットは、組織活性のみならずこれからの採用も有効に働きます。むしろ、これらの要素が欠けていると採用・定着は難しくなっていくでしょうか。

特にインターンや新卒など、若手の採用においては、社員同士のコミュニケーションや職場の雰囲気が重要視されます。社員同士のコミュニケーションを高める様々な方法がありますので、自分の会社ならではのコミュニケーション方法を確立していきましょう!

著者プロフィール

著者アイコン
岩崎 果歩
慶應義塾大学に通う女子大生。1年生の夏より、株式会社アイタンクジャパンのライターインターン生。趣味は散歩と読書。休日は一人で美味しいごはん屋さん巡りをしている。

関連記事