離職率の上昇を食い止める、有効な新卒採用方法とは!?

こんにちは、岩崎です。

突然ですが、“3年3割”という言葉、みなさんご存知ですか?

これは新卒で採用した大学生のうち、3割は3年で離職してしまうという企業と新卒採用のミスマッチを表している言葉です。

あなたの会社は、このような事態に陥ってはいないでしょうか?

かねてから、多くの会社が離職率の問題で頭を悩ませています。

一般的に、新卒入社の社員が早期離職をする理由としては、入社前に抱いていた職場や仕事に対するイメージが現実とは違ったというギャップが一番に挙げられます。

つまり、何らかのギャップを感じ、「こんなはずじゃなかった」と思って職場を離れていくのです。

学生側の自己分析不足・企業研究不足などの原因もありますが、企業側も新卒採用時にミスマッチを生み出さないような採用方法へ見直さなければなりません。

そこで今回は、離職率を低下させるための有効な採用方法について、紹介していきたいと思います。

離職率に悩んでいる企業の経営者の方、人事責任者の方は、必見です!

1. RJP採用とは

今回、私がみなさんにおすすめしたい採用方法は、“RJP(Realistic Job Preview)採用”というものです。

以下の情報は、論文『採用時点におけるミスマッチを軽減する採用のあり方-RJP(Realistic Job Preview)を手がかりにして』を参考にしています。

この論文によると、RJP採用とはリアリズムにもとづく採用のことで、良い面だけでなく悪い面も含めて、ありのままの情報を提供するというものです。

新卒採用の際、企業は選考のために、就活生は企業選択のために、お互いが正しい情報を必要としています。しかし実際は、企業は就活生に、就活生は企業に自らを売り込もうとして、バイアスのかかった「良い情報だけ」を提供する傾向が強いのです。

この矛盾が、入社後にミスマッチを引き起こすと指摘され生まれたのが、組織が個人を選択するという観点よりも組織に参入する個人が能動的な組織選択ができるよう促そうとする、RJP採用です。

2. RJP採用の具体的な効果

では、この採用方法の有効性はどこにあるのでしょうか。

実際にRJP採用を導入したことによって、以下の4つの効果が実証されています。

  • ワクチン効果
    職場や仕事に対する過剰な期待を事前に緩和し、入社後の失望・幻滅感を軽減する。

入社後に生じるイメージと現実とのギャップは、入社前に過剰な期待を抱いてしまうことが原因で起きるでしょう。憧れの業界や職種であれば、きっと誰もが良いイメージを持ちがちです。しかし、企業に関する悪い部分も知っておくことで、このような過剰な期待も少しは緩和できるはずです。

  • スクリーニング効果
    自ら十分な情報を得て、企業との相性を判断した上で入社を決断するという自己選択力を強化する。

これまでは、企業の悪い部分を知らずに入社して「こんなはずじゃなかった」と感じる人がほとんどでした。しかし、このRJP採用を導入すれば、あらかじめマイナス面を就活生は認識することになるので、このようなミスマッチは生じにくいです。就活生の自主性に重きを置いているので、入社後の責任感も強くなるのではないでしょうか。

  • コミットメント効果
    自ら悪い情報も提供することで組織の誠実さを感じさせ、企業への愛着や帰属意識を高める。

一般的な会社説明会などでは、わざわざ自社のマイナスな情報を公開する企業はほとんどないかと思われます。しかしそこで、RJP採用をしているとオープンに公開することで、就活生側からしたら理解も深まり、誠実な会社であるという良い印象を抱くことにも繋がります。

  • 役割明確化効果
    入社後、新入社員に何を期待しているかを就活生に明確に伝えることで、新たな組織や仕事への適応を促し、その結果、仕事への満足度・やる気の維持に繋がる。

入社する前の段階から、自分が入社したらどんなことが要求され、何をする必要があるかを十分に理解しておけば、実際に業務が始まってからでも戸惑いは少なくなりますよね。さらに、自分は企業が必要とする業務を行っているのだと実感しやすくなり、仕事に対するモチベーションも維持されます。

3. 具体的な導入方法

離職率を低下させるためには、RJP採用が有益であることがわかりました。

では具体的に、どのように導入していけばよいのでしょうか。

おさらいをすると、RJP採用とは、良い情報も悪い情報も含めてリアルな現実を就活生に伝えること、そして企業と就活生との間でマッチングを図ることです。

導入例としては、RJPを基盤とした説明会やセミナーの開催、メディアの利用など、様々な方法が考えられますが、今回一番おすすめしたいのは、インターンシップによるマッチングです。

論文で紹介されていた調査結果によると、企業に対して定着志向がある者はインターンに対する評価が高い、企業が内定直結型インターンを実施し、内定を出した学生はミスマッチが少ない、などといった効果が得られています。

そして、インターンシップがRJP採用として望ましいと言えるのには以下の理由が挙げられます。

  • 実際の現場で働いてもらうことで、企業の良い部分も悪い部分も、学生側が自ら十分な情報を得ることができる。

これによって、RJPにおいて重要であった企業の誠実さを示すことが可能です。企業側から提示された情報のみならず、学生が主体的に企業を判断する材料を集められるからです。

  • 入社後の業務を入社前に経験することで、仕事内容をしっかり把握することができ、適正を判断することができる。

「百聞は一見に如かず」ということわざがあるように、いくら会社説明会で業務内容を聞いたからといって、実際に見てやってみることなしには何も分かりません。

インターン時から、業務内容にやりがいを感じ、もっとこの仕事をしたいと思えれば、入社後も安心ですよね。

  • 現役社員との直接的な関わりを持てる

このことが意味するのは、職場に対しての客観的な情報のみならず、現役社員が仕事や組織についての考えを語る感情的な側面にも触れることが可能であるということです。

やはり、いくら情報を集めようとしても、掴めるのは客観的な事実のみです。しかし、インターンシップを通して、長年その会社に勤めてきた社員さんの考えを聞くことで、働いてみなければ分からないことや意外な事実を知れるかもしれません。

いかがでしたでしょうか。

離職率の問題は、職場の雰囲気・人間関係・給与・福利厚生など、様々な原因がありますが、どれも根底に潜んでいるのは、入社前と後で生じたギャップです。

このミスマッチをなくすためにも、是非、今回ご紹介したRJP採用を実践してみてはいかがでしょうか。

そして、インターンシップの実施によって、学生がいつもと変わらない自然体の職場に一定期間務めることは、RJPの効果を大いに発揮してくれるはずです。

著者プロフィール

著者アイコン
岩崎 果歩
慶應義塾大学に通う女子大生。1年生の夏より、株式会社アイタンクジャパンのライターインターン生。趣味は散歩と読書。休日は一人で美味しいごはん屋さん巡りをしている。

関連記事